[記事241] 自分が好きになれないのは、あなたのせいじゃない

[自己肯定感]

奈良県天理市から発信しています。

自己肯定感をアップする

心理セラピストのADOです。

25年来のママ友と

石上神宮のすぐそばにあ

創作フレンチのお店に

ランチに行ってきました💜

旧家とそれに並ぶ蔵を改装して造られた

シックな佇まいの

和風モダンなお店です。

手入れの行き届いたお庭と

漆喰の白壁を前に

思わずパチリ⭐

彼女とは半年ぶりの再会です。

会うのはいつも

半年とか一年ぶりなのに

いつ会っても

久しぶりの感じはなく

つい先週も

会って話していたような

錯覚に陥る

そんな仲です(^^;

とりとめもなく話しているのに

どうでもいい会話の中には

結構いい話もあったりするんですよ(^^💜

ずっと胸の底にたまっていた

誰かに聞いてほしかった思いを

ぽつりぽつり語るのを聞きながら

自分のことに重ね合わせる

お互いそれのくり返し。

たくさん話して笑ったら

なんだかパワーが充電されて

久しぶりに

会って話せてよかったね

次のときまで

お互い元気でいようね(^^💚

そう言って別れます。

人は、話すことで

大抵の問題を解決しちゃいますよね。

話すことで

思考の整理ができるからなのですが

ポイントは

お互いの利害を超えた間柄であること。

人は誰でも

自分で解決する力を持っているので

答えを外に求める必要はありません。

ただ

心の重荷を

ちょっとの間

一緒に

背負ってくれる存在があれば

それでいいのです💜

あなたの周りにも

そんな人はいますか?

ということで、

今日のテーマは

「自分が好きになれないのは

あなたのせいじゃない」

「自分のことが好きじゃない」という人は

どうして好きになれないのでしょう?

それは

その人が悪いからでしょうか?

好きになれないのは

その人の責任?

性格の問題?

いえいえ、

その人のせいじゃありません(^^;

今日はそんなことを

お話したいと思います💚

自分が好きになれない

言い換えれば

自己肯定感が低い人。

でも、そんな人も

はじめから

自己肯定感が低かったわけではないのです。

生まれたときから

自己肯定感の低い人って

いると思いますか?

赤ちゃんは、

みんな

生まれたばかりのときは

小さくてか弱いですよね。

放っておかれたら

一日ももたないでしょう。

でも、その分

愛らしくて

周りを魅了する力を持って

生まれてきます💚

その存在は

全肯定されなければ

生きていけません。

つまり、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人間は生まれたときは

自己肯定感がMAXなのです💪

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ところが、

なにかの事情で

愛されないまま

自分の存在を疎まれたまま

育ったとしたら

どうなるでしょう?

愛されたことのない人は

愛し方がわからないし

存在を疎まれた人は

自分を肯定できなくなります。

忘れてはならないのは

愛されなかったり

疎まれたりするのは

決してその人の責任ではありません。

たまたま

そんな親の元に生まれてしまった

それだけのことです💧

生まれてくるときに

親を選ぶことはできませんから

不運な偶然が重なって

自己肯定感の低い人に

なってしまったわけです(^^;💧

ということは

これは誰の身にも

起こり得ることだったのです。

もしかしたら

わたしもそうなっていたかもしれない・・・

だから

自分が好きになれない人は

その人が悪いんじゃありません💚

どんな人にも

もともと

存在価値はあったのです。

それが

偶然の不運により

自分の存在価値が

見いだせなくなっているだけ

今日は

そのことをお伝えしたいと思いました🌷

★〜★〜★〜★〜★〜★

オンライン

カウンセリングルーム

「わたしを見つける相談室」

↓     ↓     ↓

http://www.ado-toyoda.work

公式LINEアカウント

↓        ↓

https://lin.ee/AaZEHsM

 または

 LINE@ID検索

 @373pwwnu

(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

あど@心理セラピスト (id:ado-therapy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です