[記事26] 手当て

人の皮膚は
弱酸性を保つことが
理想的です。

生命の起源が
海から誕生した、
その名残りだとされています。

弱酸性の皮膚は、
表面の美しさだけでなく、
安定した情緒にも関わっています。

アトピーなどの皮膚疾患になると
皮膚が酸性に傾きますが、

内面的にも、
周囲から自分を守ろうとする
心理が働くためか、
攻撃性が出るケースも見られます。

この場合、
心理面から治すことを考えるならば、
スキンシップが一番です。

スキンシップには、
皮膚の感覚をとおして
自分の存在が肯定でき、
心を安定させる効果があるからです。

攻撃性がなくなってくるのに従って、
皮膚の状態もよくなってくる
例も報告されています。

お腹の調子が悪いときにも、
信頼する人からの
お腹マッサージは効果的です。

時計回りにやさしくさすってあげると、
便通が安定してくるのです。

「手当て」という言葉どおり、
人の手のぬくもりには、
心の弱っている部分を修復させる力があります。

思いのこもった手で触れると、
そのぬくもりが伝わって、
治す力をアップさせるのです。

あなたの「手」の力を信じてみましょう。

brownie.ado@gmail.com
心と体に効くカウンセリング・セラピーを行っています。
自分の内面と向き合って、
今より元気になりたい方のお手伝いをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です