[記事25] 呼吸の意味

人は一日に20万回呼吸をしています。

単純にいうと、
呼吸とは、
取り込んだ空気の中の酸素を
肺➡心臓➡末端の細胞へと送り、
不要になった二酸化炭素が
末端の細胞➡心臓➡肺へと戻り、
体外に吐き出されるまでをいいますが、

呼吸には、
生体反応以外にも大切な意味があるのです。

「吐く息」というのは、
60兆個もの細胞が
それぞれの仕事を終え
静脈血に手渡す「生きた証」です。

つまり、
吐息の中にその人の個性が
あるということです。

呼吸とは、
吸って吐くが1セットですが、
どちらが先かと聞かれると、
大抵の人が「吸う方が先」と答えるでしょう。

でも、本当は「吐く方が先」にすると
ずっと健康でいられるのです。

大きく息を吐き切ると、
それだけ空気を
たくさん吸うことができます。

すると、
自然に呼吸が深くゆっくりになります。

体調がすぐれないとき、
どこかに痛みがあるとき、
気持ちが落ち込んでいるとき、

あまり意識はしませんが、
呼吸は浅くなっています。

その症状がひどくなった状態が、
パニック障害や、過換気症候群です。

・・・・・・・・・・・・

なんとなくやる気がでないなぁ…
と思うときは、

大きく息を吐き切る練習をしてみてください。

朝起きたときや、
夜寝る前が習慣化しやすいです。

しばらく続けると、
呼吸が安定し、
やる気を回復できます。

切なタイミングで自己表現する力も
身について、チャンスに強くなるでしょう。

・・・・・・・・・・・・

すぐに感情的になってしまう。
なかなか冷静になれない…
という人は、
自分のパーソナルスペースが
守れていないのではないでしょうか。

常に人口過密な場所で働いている。
小さな子どもがいるので、ひとりになる時間がない。

そんな場合は、
一日に1回、短い時間でもいいので
ひとりになって
次のエクササイズをしてみてください。
 ①足を肩幅にひらいて、両手をおろしてグーを握る。
 ②グーをしっかりと握って、ながーく息を吐く。
 ③吐ききったら、両手をパーにひらいて、
  ゆっくりと息を吸う。
息を出し切ることに集中してみましょう。

吐く息は、
自分の領域を表しているので、
これをくり返すうちに、
心理的にパーソナルスペースが
守られた気分になり、
冷静さを保てるようになるのです。

自分を大切にしたい人は、
普段の呼吸にちょっと
意識を向けてみませんか。

brownie.ado@gmail.com
心と体に効くカウンセリング・セラピーを行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

[記事24] 嗅覚を磨く

次の記事

[記事26] 手当て