[記事212] 想いは言わなきゃ伝わらない

[自分の価値]

奈良県天理市から発信しています。

自己肯定感をアップする

心理セラピストのADOです。

以心伝心、いい言葉ですね💚

言葉に出さなくても

伝わる想い…

日本人の美徳とするところです。

たとえば

この人を喜ばせたいと思って

いろいろ力を尽くして

それに対する感謝の言葉を

もらえなかったとしても

気持ちが伝わってれば

それでいい…と

自分を満足させられたら

それはそれで

素晴らしいことです⭐

でも、

煩悩にまみれるわたしたちって

そこまで清くもないし

強くもないです(^^;💧

頑張ったら認めてほしいし

それによって

存在価値を確かめたい。

わたし、役に立ってるんだよね?って* *

Iさんのお話をします。

Iさんは、結婚生活30年。

子どもたちはすでに独立して

夫婦二人の生活を送っています。

そのIさんが、夫と向き合うのが

つらくなってきたと言うのです。

その理由が

これまでの頑張りが報われないから・・・

これまで共働きで

仕事と家事と子育てを頑張ってきたIさん。

イヤなことがあると

すぐに仕事を変える夫。

そのたびに

自分がしっかりしなきゃ

と、気持ちを引き締め

夫のグチは黙って聞いても

自分はいつも明るく前向きでいようと

弱音を吐いたこともなかった

本当は、自分の方が

支えてほしいときもあったのに…

そんな関係性はずっと変わらず続いていて

あるとき、子どもたちが

夫と仲良く話しているのを見たとき

ふと、疎外感を感じたというのです。

支えてきたのはわたしなのに

夫や子どもたちから

感謝の言葉すらかけてもらったことがない…

そう思ったら

自分の存在価値がわからなくなって

もうこれ以上頑張ることも

夫と一緒にいることも

イヤになった

そう話してくれたのです。

いかがですか?

Iさんのお話。

わたしは

誰かのために頑張ったら

それを認めてほしい、と願うのは

ごく普通のことだと思うのです。

頑張ることが当然になって

誰からもなにも言ってもらえなかったら

凹むだろうなぁ、、、って思います💧

「いつもありがとう」とか

「キミのおかげ」とか

そう言ってもらえるだけで

疲れやモヤモヤした思いが

ぱーーっと吹き飛んでいくものなんですよね(^^💛

それぐらい、

言葉の力って大きいです。

ただ、ここに

Iさんのちょっとした思い込みがあって

そこを直せば

うまく回り始めると思うのです。

その思い込みとは

「言わなくても、わたしの気持ちをわかってよ」

ということ。

長年、一緒にいるんだから

それぐらいわかるでしょ

という思い込みです。

でも、その思い込みこそが

Iさんと他のご家族との間に

壁をつくってしまっているんですね・・・

ここは、思い切って

自分の思いを言葉にして伝えることです⭐⭐

「わたしも、しんどいところを頑張ってきたんだよ」

「わたしだって、たまにはほめてほしいの」

「感謝の言葉や、ほめ言葉をおねだりするなんて

 わたしには出来ない」

そう思うのは

おねだりする自分には価値がない

という思い込みです。

おねだりしても、グチっても

あなたの価値に変わりはないんですよ(^^♪

夫や子どもたちだって

決してIさんの価値を認めてないわけじゃなくて

感謝していても

それをどう伝えたらいいのかわからないだけ

なんです(^^;

カッコつけて

お互いに

言わなくてもわかる⭐

なんて、思い込むのが大間違い!!

これからは、

想いはどんどん言葉にして

開放していってほしいと思います。

       **********

 わたしとLINEでお友達になってください! 

https://lin.ee/AaZEHsM

 または

 LINE@ID検索

 @373pwwnu

(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」

 LINEでお友達になってくださった方に

 音声とPDFをプレゼント中♪

     **********

 ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の

 ホームページへのアクセスは

http://www.ado-toyoda.work

(過去に投稿した記事の一覧があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です