[記事208]説得力はゆっくりと低い声から生まれる

[怒りの対処法]

奈良県天理市から発信しています。
自己肯定感をアップする
心理セラピストのADOです。

「上手な怒り方シリーズ」の本日は6回目です。

腹が立ったとき
相手にこちらの気持ちを理解してほしいときこそ

冷静さが必要ですよね(^^;

怒りに任せて
大声を出しても
空回りするだけ…

第一、 怒る方も
大変なエネルギー消費なわけですから☺💧

大切なのは
相手の性格を変えることじゃなくて

状況を変えるのが目的だということ。

興奮していると
つい早口に
マシンガントークになりがちですが

相手はうんざりするだけですよね💦

聞いてるフリして
ちっとも心に届いてないとか
それって虚しいです(^^💧

言うことを聞いてほしいなら

そう。
ゆっくりと低い声で話すんですよ。

テレビでも見ませんか?
報道陣の前で
うわずった声でしかも早口で話す人。

どこか余裕がないし
説得力に欠けますよね?

それに比べて
低いトーンで言葉を選びながら話す人。

自信を感じるし
なんといっても聞きやすい⭐

ですから、
自分が興奮してるな…と感じたら

わざと低い声で話すようにしてみてください。

相手には、ちょうど聞きやすいトーンになるはずですから。

そして
視線をそらさずに話しましょう💚

できるだけ穏やかな表情で。

そうすると、
相手は自分を受け入れられていると感じるので

お互いに不快な思いをせずに
話をすることができますよ💜

Let’s try!-⭐

    ********

 わたしとLINEでお友達になってください!

 https://lin.ee/AaZEHsM
 または
 LINE@ID検索
 @373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
 LINEでお友達になってくださった方に
 音声とPDFをプレゼントしています♪
   
     ********

 ホームページ「わたしを見つける相談室」
 
どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。

http://www.ado-toyoda.work(過去の投稿記事の一覧があります)

     ********

 わたしの感じたままを書いているブログも
 読んでいただけると嬉しいです^^

https://ado-therapy.hatenablog.com/#edit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です