[記事19] 痛みの原因

体の痛みと感情は
密接に関係しています。

中高年に多い関節の痛み。

痛みが起こる原因は、
現状に不安があり、
変えたいと思っているけど、
変える勇気がない…

そういった感情が
ベースになっていると言われます。

そして、
痛む部位によって
不安が起きる原因も違ってきます。


ひざや足首に出る痛みの場合。

夫婦関係や
パートナーシップの食い違い
によって起こります。

人生の分岐点に差しかかったとき、
お互いの歩調のずれに気づくことがあります。

大抵は、
女性の方が進んでいて
男性が遅れていることが多く、

どちらかが、
相手に合わせようとするけど
うまくいかない。
そんなケースです。


腰に痛みが出る場合。

世間に見せる顔と内面に違いがある。
気持ちに体がついていかない。
というような、
二極するものの間で葛藤するとき。

または、
過去を切り離して未来に進もうとするときに
起こることもあります。

なぜ、切り離すに至ったのか
気持ちの変化のプロセスを把握していないと
葛藤が生まれると言われます。


首や肩に痛みが出る場合。

経済状態の不安によって
起こることがあります。

収入の増減に関係なく、
これまでと違うことに不安を覚えます。


体を動かそうとすると出る痛みの場合。

ある特定の感情が
消化できないときに起こります。
精神的な迷いの表れです。

以上のような
痛みと原因に心当たりはありましたか?

治療法として、
痛み止めの服用が
考えられますが、
それは対処療法に過ぎません。

痛みは一時抑え込んでも、
また繰り返します。

痛みは感情の流れる
エネルギーによって起こるので、
その流れを変えていくことでしか
解決できないのです。

まずは、その感情と向き合うこと。

そして、
感情の流れを
正しい方向に修正していくことです。

痛みがあるとき、
その原因をあなたの心に聞いてみましょう。

そのためのお手伝いなら、よろこんで致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です