[記事202] 上手な怒り方

[怒りの対処法]

奈良県天理市から発信しています。
自己肯定感をアップする
心理セラピストのADOです。

「怒る」って
マイナスな感情だと思っていませんか?

確かに
ムダな怒りは
自分を苦しめるし

人間関係を悪化させる

原因にもなります💦

でも、
やりたくないことを押し付けられたり

傷つくことを言われたときに

怒ってはダメ!と
自分を抑え込んでいると

波風は立たないかもしれないけれど

自分の心は
傷ついてボロボロになってしまいます😢💧

怒りは自分を守るためにある感情なので

必要なときに
怒ることは大切なことだと
知ってくださいね(^^💚

そのうえで
上手な怒り方について
シリーズでお伝えしようと思います。

上手な怒り方には
7つの方法がありまして

今日は
その1つ目
「リクエストを明確に」
についてお話します。

まず
感情的に言葉を発する前に
いったん怒りを鎮めて

「リクエストを伝える」気持ちに
変換しましょう。

くれぐれも
うっぷんを晴らすのが目的にならないように(>_<)

相手に何をしてほしいのか
どうしてほしかったのか

ここに意識を集中させて
シンプルに明確に
リクエストを伝えましょう💛

ここで
注意しないといけないのが

性格、能力、人格について批判すること!⚡

たとえば
遅刻してきた人に対して

「遅刻なんてだらしがない!」というのは
NGです。

「だらしない」というのは
性格を批判していることになるからです。

性格、能力、人格について批判すると

言われた方は傷つくし
反発をかうだけなので

伝わるものも伝わりません💧

伝えることが目的なのだから

同じ言うなら

「遅刻するときは、事前に連絡して」
とか

「遅刻されると、次の予定までずれてしまうから、
 5分前には到着して」

のように、具体的なリクエストにしましょう🎵

目的がわかれば、相手も納得します^^

腹が立ったら
いったん怒りを鎮め

リクエストに変換する⭐

ぜひ、試してみてくださいね。

    ********

 わたしとLINEでお友達になってください!

 https://lin.ee/AaZEHsM
 または
 LINE@ID検索
 @373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
 LINEでお友達になってくださった方に
 音声とPDFをプレゼントしています♪
   
     ********

 ホームページ「わたしを見つける相談室」
 
どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。

http://www.ado-toyoda.work(過去の投稿記事の一覧があります)

     ********

 わたしの感じたままを書いているブログも
 読んでいただけると嬉しいです^^

https://ado-therapy.hatenablog.com/#edit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です