[記事193] 心理学楽しいね

[自分の価値]

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

月一で開催される
心理カウンセラー服部さんの
お茶会に参加してきました。

アフターコロナのために
参加者は
わたしともうお一人に
絞っていただいたので

ゆったり
くつろぐことができました☕

同世代の女性ふたり
意気投合してしまい
気がつくと
主催者そっちのけで
しゃべってしまい

ちょっと反省・・・💧

意気投合したその人は
同じ天理市内で
ビューティーコンサルタント
されているそうです⭐

腸をもんで
お腹の中からスッキリ
キレイにしてくれるんですって⭐⭐

ご本人も
ありえない程スレンダーで
若々しくて
なのに
瀬川瑛子(ご存じですか?)の物まねを
嬉々としてやってくれたりして
本当にチャーミングなんです💕

こんな近くにいながら
今まで
その存在を知らなかったなんて
灯台下暗しですね(^-^;

わたしも
施術を受けて
ぜひ
ピカピカにしてもらおう!
と思っています💜

そろそろ
話をお茶会に戻しますね(^^;

「人生の脚本」という話題が出まして
誰でも
お気に入りのマンガやテレビ番組って
あると思うのですが
主人公と自分を重ね合わせて
感情移入してみたり✊

あるいは
自分にないキャラクターに
憧れを持ったり
腹が立ってしまったり
そんなことってありますよね^^

服部さんは
ご自身の中学生時代
今日から俺は」というマンガに
熱中していたんですって。

ストーリーは
普通に過ごしていた学生が
転校してきたツッパリ二人の影響で
その後の人生が変わってしまった
というものです。

どうして
そのマンガに熱中したのか
それは
服部さんも
主人公のように
いい子の殻を脱ぎ捨てて
ワルになってみたかったからなんですって⭐

気づいているかどうかは別として
誰でも
二面性を持ち合わせているんですよね(^^;💧

いい自分に、悪い自分
明るい自分に、暗い自分
やさしい自分に冷たい自分

どちらかに傾いたりしながら
時折、中間に戻る。

それが
バランスの取れたいい状態。

でも
ときとして
大人は「いい子でいること」を
強要します。

ずっと
いい子でいなきゃいけない💦

そう思うと
疲れますよね。

だって
バランスが取れていないんですから。

子どもの頃は
マンガの主人公になったつもりで
その人生を疑似体験し
現実から逃避行する🌷

でも
なんでもできる
大人になったのなら

実際に
ドラマの主人公を生きることだって
できますよね💜

あなたのなりたい主人公って
どんなふうに
生きていますか?

     **********
 わたしとLINEでお友達になってください! 
https://lin.ee/AaZEHsM
 または
 LINE@ID検索
 @373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)
「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
 LINEでお友達になってくださった方に
 音声とPDFをプレゼント中♪

     **********
 ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
 ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)
あど@心理セラピスト (id:ado-therapy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です