[記事174] 自信がないときはワンクッション

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

梅雨の晴れ間
もう夏が来たかと思うほど
暑いですね。

天気予報を確認すると
やはり
晴れはそう長く続かないようで
週末は雨の模様。

わたしは
土日は外に出て
仲間とテニスをするのが習慣なので
雨で流れると
どうしようかなぁ..(*_*; と、なります。

「カラダ動かしてナンボ」の人なので(笑)

でも
一方で
雨が好きな人も存在するはずですよね。

同じ事象でも
人によって
とらえ方が違うのは
よくあることです。

何かに反応して
すごーーく
テンションが上がる人がいるかと思えば
そうでない人もいます。

または
すごーーく
落ち込む人と
そうでない人がいます。

要するに
感情の振れ幅が大きいか、小さいか
ということです。

振り子の原理は
右に大きく振れた後は
左にも大きく振れますよね?

真ん中に戻ろうとする力が働いて
左右に振れながら

最後は
真ん中で静止します。

人の感情も
これと同じで
テンションが上がれば

その後、落ち込む

ぐっとポジティブに傾けば
その後、ネガティブに傾く。

真ん中の
ニュートラルな状態に
戻ろうとするために
感情が揺れてしまうのです。

感情の起伏が激しいのは
その人の個性でもあるので
否定はしませんが

それが続くと
疲れますよね。

よく
ポジティブシンキングが
もてはやされていますが

あまり
ポジティブになろうと頑張ると
その後
ネガティブな時間がやってきますから
それもほどほどに。

ニュートラルに戻ることを
意識した方が
長い目で見て
幸福感はアップするということです。

あ・・・

これだけでも
結構な分量になりましたが

今日お話ししたいテーマは
「自信がないときはワンクッション」
でした。

なにか頼みごとをしたいとき
または
お誘いしたいとき
ストレートに言葉に出すのが
ちょっとためらわれるときに
どんなクッションを挟めばいいか
ということです。

こんな実験をしました。

コピーを取っている人に近づいて
1)「先にコピーを取らせてもらえませんか?」
 と、普通に頼む。

2)「急いているので、コピーを取らせてもらえませんか?」
   と、理由を言いながら頼む。

3)「コピーを取らなければいけないので
 先にコピーを取らせてもらえませんか?
 と、理由になっていない理由を言いながら頼む。

その結果の承諾率は
1)が60%で
2)が94%でした。

ここまでは納得できるのですが

驚きなのが3)の承諾率で
93%もあったのです。

理由になっていない理由を言いながら
頼んだのに
ほとんどの人が承諾してくれたのは

「なんかよくわからないけど、
理由があるみたいだから
いいかな」 と
判断されたからです。

このように
人は
「○○なので・・・」「○○だから・・・」 と
言われると
内容とは関係なく
承諾してしまう習性があるんですね。

ほら、条件反射みたいな。

ですから
この習性を利用すると
頼みごとを聞いてもらいやすくなる
ということなのです。

相手にとって
ちょっとプラスに聞こえる理由を
挟むといいですね。

たとえば
食事に誘いたいなら
「雰囲気のいいお店を見つけたから
 一緒に行かない?」

「落ち着いて話がしたいから
 食事でもどう?」 のように。

契約がしたいなら
「お互いの利益につながると思いますので
 契約しませんか?」

「このチャンスを逃したくないので
 ぜひ、一緒にやりましょう!」 など。

ただし、
その理由が
あまりに自分勝手では
さすがに引かれてしまうでしょう。

「わたしの時間つぶしに付き合ってください」 とか
「出世したいので、契約してください」 など。

まさか
お願いするのに
わざわざ
こんな理由を言うとは
思いませんが

念のため…(^_-)-☆

ということで
理由のクッションを挟んで
ムリなく
お願いを聞いてもらいましょう^^

 ——-◆無料カウンセリングのお知らせ◆——-
 6月15日~6月30日まで期間限定で
 先着5名様まで
 90分間カウンセリングを体験いただけます。
(埋まり次第終了とさせていただきます)
 お申込みは、コメント欄かホームページから  

 ———————————————-
https://lin.ee/AaZEHsM
 または
 LINE@ID検索
 @373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
 LINEでお友達になってくださった方に
 音声とPDFをプレゼント中♪

   ****************
 ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
 ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)
あど@心理セラピスト (id:ado-therapy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です