[記事173] その誘惑に勝てる?

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

昨日は
元の職場(公文教室を運営していました)の
4人で
久しぶりにランチをしまして
さんざん食べ
笑い、
あーでもない、こーでもない、と
たくさんしゃべりました。

わたしたちは
子どもの学習の指導を仕事にしているのと
もともとお母さんでもあるので
子育てについて
いろいろ話すんですね。

4人のうち3人は
子育て卒業組み
1人が目下子育ての真っ最中なので

必然的に
子育て中の1人の話を聞いて
あーだ、こーだ
意見を出し合ったり
アドバイスめいたことを言ったりして
盛り上がるわけです。

思春期の子育て
みんなが通る道で
その子その子によっても違うので
一概には言えないところもあるのですが

卒業組3人が共通して思うことは
「子どもにかまい過ぎてはいけない!」
親はみな
その子に良かれと思って
教え導こうとするのですが
その余計な手取り足取りが
子どもの自由と考える力を
奪ってしまっていた… と
気づいたのです。

認めたくない事実ですが
「あのとき、
正しいと思う道を歩かせたい、と
一生懸命になったけど

今から思えば
あの戦いは無駄だったね…(*_*;」と
結論付けたわけです。

今こうして気づけたのだから
やはり
無駄な経験などない
ということに、なるのでしょうが

今、現在
子育て中のお母さんに言いたいのは
子ども本人に
考える自由を与えてあげて
ということです。

わたしたち3人の子どもたちも
今はそれなりに
自分の人生を歩んでいます。

それは
親が強制しても、しなくても
同じ結果だったかな、と
今だから思えるわけです。

あの努力と疲労はなんだったの? と。

ですから
お互いの成長のためにも
お母さんは

もっと
自分のために
時間と頭を使った方がいい
わたしは、そう思います。

というわけで
子育てから自由になった
わたしから
もっと
人生の自由を探求したい
あなたへ贈る

今日のテーマは
「その誘惑に勝てる?」

さあ、どんな誘惑でしょう?

わたしは
甘いものの誘惑
しかも
期間限定に
弱いですね…

そこで
今日は
心理的リアクタンス」を利用し
誘惑についてです。

リアクタンスというのは
「抵抗」のことです。

何かを禁止されたり
意見を押し付けられたり
したときに
つい抵抗し
それとは逆の行動をとってしまう
心理作用のことです。

ほら、
さきほどの
思春期の子どもたちが
そうでしたよね。

でも、
この心理作用は
大人になっても続きます。

たとえば
「たいやき品切れです」
という看板を見たら

急に
そのたい焼きが食べたくなったりするのも
このリアクタンス効果なのです。

自由にたい焼きが食べられるときは
それほど欲しいとも思わないのに
ないと知ったときに
食べたい!と感じる。

これは
本来
人は自由に選択できると思っているので
それを奪われることに対して
抵抗する行動を取りたくなるからです。

さらに
「限定10名様まで」と、表示されると
つい列に並んでしまう

これも
10名に入れなかったら
受け取れなくなることに抵抗する
リアクタンス効果なのです。

この効果を利用した商法は
あちこちで見られますよね。

もちろん
わたしたちの普段の生活でも
使えますよ。

意中の人を映画に誘うときには
ただ「映画、観に行かない?」と誘うより
「この映画、もう少しで上映終わっちゃうんだって。
一緒に観にいかない?」 と
限定感をつける方が効果的。

逆に
「新しく○○が始まるんだって」 と言うと
まだまだ先があるから、と
今、行動しようと思わなくなってしまいます。

もうすぐ終わる
品切れになる
という言い方に
気持ちが惹かれてしまうんですね。

さらに
発展形として
こんなふうにも使えます。

告白のとき
「キミと付き合いたい」 と
ストレートに言うのもいいのですが

たとえば、こんな言い方
「キミには、もっとお似合いの人がいるかもしれないね。
でも、あきらめきれない!
ボクは、それでもキミと付き合いたいんだ」

この言い方のポイントは
「もっとお似合いの…」 と一歩引かれた時点で
「そんなことない…」 と抵抗感が生まれること。

それで
相手に一歩歩み寄ったところで
告白されるので

つい、
言葉の魅力に引き寄せられてしまうのです。
ビジネスにおいても使えますよ。

「うちと御社では、明らかに規模に違いがあることは
承知しています。

不釣り合いであることは、重々承知の上ですが、
それでも、ご契約いただきたいと
お願いに上がったのです」

ここでも
一歩引いて
相手に「そんな…」 と
思わせておいて

そこから
グイっと攻めたわけです。
いかがでしたか?

「抵抗」を利用した誘い
この誘い方でも断れてしまったときは

はじめから
相手に興味がなかった、
ということです。

それがわかっただけでも
キッパリとあきらめられて
次に向かえるようになるのでは?

時間の無駄遣いが避けられた、と
思ってくださいね^^

他に
もっと
いいご縁があるはずですから。

 ——-◆無料カウンセリングのお知らせ◆——-
 6月15日~6月30日まで期間限定で
 先着5名様まで
 90分間カウンセリングを体験いただけます。
(埋まり次第終了とさせていただきます)
 お申込みは、コメント欄かホームページから  

 ———————————————-
https://lin.ee/AaZEHsM
 または
 LINE@ID検索
 @373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
 LINEでお友達になってくださった方に
 音声とPDFをプレゼント中♪

   ****************
 ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
 ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)
あど@心理セラピスト (id:ado-therapy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です