[記事164] 印象を強く残すには


奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

腰痛がひどかったんです。

まだ若いときに
一度痛めたことがあって
それ以来
無理をすると
たまにやってくる腰痛。

今回は
腰からお尻、太ももにかけての
右半分が痛んで
翌日、整体に行って
診てもらおうか
と思いながら
今朝、目覚めてみたら
もう、治っていました。

いつものことながら
使い過ぎだと思います。

わたしは
後先考えず
動き回る傾向にあるので…

今回は
自粛生活から以降
ウオーキングが習慣化していて
解禁になってからは
それに加えて
テニスと水泳も再開したために
筋肉疲労を起こしたのでしょう。

一日休憩したら
翌朝には治っていたなんて

・・・ラッキー^^

「過ぎたるは及ばざるがごとし」
の言葉通り
やり過ぎは禁物ですね。

はい。
ほどほどにします(*_*;

ということで
今日のテーマは「印象を強く残すには」

こんなふうに思ったことはありませんか?

人が大勢いる中で
自分の存在感をアピールしたい
営業先で好感度を上げたい
気に入った異性との距離をつめたい

そんなとき
ちょっとした
心理テクニックと勇気をもって
行動すれば
そのあとが
ワクワクする展開になる可能性が大です。

そのテクニックとは
「ドア・イン・ザ・フェイス」。
正式には、SHUT THE DOOR IN THE FACE

和訳すると、「相手の目の前でドアを閉める」

な~んだ‘ ’
そう聞くと
こちらの提案が拒絶されるイメージしか
湧きませんよね。

でも、大丈夫。
この話が
それで終わるはずはありません。

このテクニックは
まず、相手に
最初にわざと断られるような
提案をして
「NO」と言わせておいてから

そのあとに
本当に受け入れてほしい提案をして
「イエス」と言わせるのがねらいなのです。
「2回も断るのは気が引ける」

そういう人の心理を応用した
テクニックなのです。

コツは
はじめの提案を
突拍子もないものにしておいて

2回目に
ハードルを下げて
受け入れ可能な範囲の提案にする

この段階を踏むというのが重要で
はじめから
受け入れ可能な提案をしても
実は、断る人が多いのです。

あなたの印象を強く残せるように
活用できそうですか?

もう少し詳しく
具体的に知りたい?

では、
取引先で
「最近、心理学にハマってるんです」
「へぇ、どんなのか教えて」
「今度、大口の取引きを任せてもらえますか?」

相手が驚き、しぶったら
「ダメですよね? じゃあ、かわりに握手してもらえます?」

すると、相手は
「…それくらいなら」とOKしてくれるはずです。

そこで、あなたが
「こんなふうに、大きな頼みを断ると、
後ろめたさを感じるので
つい次の小さな頼みをOKしちゃうのを
心理学で『ドア・イン・ザ・フェイス』
って言うんです」
と種明かしをします。

そうすることで
その場の雰囲気が和むし
あなたの印象が強く残せる

また
実際に握手することで
あなたに対する親近感が増す
という副産物も得られます。

気になる異性に対しても
心理学のくだりを言ってから
「じゃ、結婚しない?」と切り出す。

相手が面喰ったら
「ダメなんだね。 じゃあ、かわりに握手してくれる?」
握手してもらったところで
種明かし。

いかがでしたか?

あなたは、
どんな場面で使ってみたいと思ったでしょう。
びっくりさせておいて
握手
そして種明かし

相手は
あなたに対して
強い印象と親近感を
同時に持つことでしょう(^_-)-☆

****************
◆お知らせ◆
6月15日~6月30日まで期間限定で
先着5名様まで
90分間セッションを無料で行います。
(埋まり次第終了とさせていただきます)

❖お申し込みは、メッセンジャー
 LINE@か、ホームページから
https://lin.ee/AaZEHsM
または
LINE@ID検索
@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
LINEでお友達になってくださった方に
音声とPDFをプレゼント中♪

****************
ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)

あど@心理セラピスト (id:ado-therapy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です