[記事146] 自分探し

心理セラピストのADOです。


今日も日が暮れようとしていて
わたしの好きな黄昏の時間がやってきます。

ブラウニーが元気なときは
一緒に散歩するのが日課でした。

いつからか
歩くのを嫌がるようになり
以来、自転車の前カゴに乗せて
引っ張って歩くのが習慣になりました。

今週に入って
ガクッと元気がなくなったブラウニー

それでも
頑張って生きようとしています。

残された時間を
家族みんなで見守りながら

今しかしてあげられないことを
一つひとつして行こうと
思っています。


さて、今日のテーマは
「自分探し」について。

自分探しっていい言葉ですよね。
自分にはまだ気づいていない才能があって
本当にやりたいことが見つかれば
きっと上手くいくはず

そんなふうに思って
自分探しをしている人は
少なくないと思います。

自己啓発の本にも
よくそんなことが書いてありますよね。

わたしも
かなり自分探しをやった記憶がありますが

結局のところ
大成功の鉱脈は
見つけられませんでした。

ただし
自分がやっていきたいことと
そうでないことは
見つけられましたが。


自分探しをしながら
あれこれ手を出して
中途半端で終わってしまう原因は

「失敗せずに短期間で確実に成功したい」
と、思うからなんですね。

自分の能力や適性が発揮できるものは何か
探し続けるうちに
いろいろな知識を集め

いわゆる
ノウハウ・コレクターになってしまう人も
少なくありません。

知識をストックするのはいいのですが
実践となると

なぜか
途中でやる気を失い
また別のものに手を出してしまう。

どれか一つのことに絞って
チャレンジしたとして

もし、
それが自分の適性に合わなかったら
それまでの努力がムダになってしまうのが
こわいからなのです。

自分には能力があると信じていたいので

失敗は
能力がないことを認めることになるから
一つのことに集中できない

今の自分にとって必要なものに出会えない
そう考える結果になるのです。

これは心理的な問題なのですね。

では、どうやって解決しましょうか?

それには、まず
なんとなく好きで、
続けられそうなことをひとつ決めて
しばらくの間、それに取り組んでみることです。

それが
自分の適性に合っていなくても
短期間で成功できなくても
儲からなかったとしても

そこは気にしないで

なんでもいいから
何かひとつ決めてやってみることが大切です。

あれもこれもと欲張らないで

その先のことを深く考えすぎないで

今の自分に必要だと思ったら

あとは行動あるのみ。

そうすると
だんだん、それ以外のことに対して
気が散らなくなっていきます。

案外それが
これまでやってきた仕事の中に
見つかる場合だってあります。

新しいことにばかり
目が向いていたときには
気づかなかったけれど

これまでやってきたことに
フォーカスしてみると

意外とそれが面白いと気づいたり

自分には適正があるかも
と、思えるようになることだってあります。

集中力が高まることで
これまで出し切れていなかった力が
発揮されるからです。

そうなってくると

他人の動向を気にして
嫉妬したり、落ち込んだりすることも
なくなっていき

今やっていることを
一生やり続けるかどうかが重要なのではなくて

やれるところまで、やってみようと
思えるようになる。

その割り切りが
静かな情熱となり
あなたの自信となっていくのです。
****

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
LINEでお友達になってくださった方に
音声とPDFをプレゼントしています。

https://lin.ee/AaZEHsM
またはLINE@ID検索
@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

**********
ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)

*********
Gメールアドレス
brownie.ado@gmail.com

あど@心理セラピスト (id:ado-therapy) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です