[記事136] 今の私になるまで ~思春期子育て編 Part2~

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

帰国して2年が過ぎようとしていました。

息子たちも
日本の生活に慣れたかに思えたので
そろそろ
わたしも
家庭以外で
自分の活動場所が
あってもいいかと思うようになりました。

これまでの経験を生かしてできる仕事

それが何なのか
なかなか見つからず
どうしようかな
と、思っていたところへ
友人から

「くもんの先生を募集してるみたいよ」

と教えてもらい
ならば
説明会にだけでも行ってみようか
という軽い気持ちで
参加したのがきっかけで

気がついたら
研修に通い
インストラクターになっていました。

くもんがいいと思った一番の理由は

その子の実力に合わせて
教材を進めることも
復習を繰り返すことも
自由にできることでした。

アメリカで
長男がキンダーに通っていた時の先生が
この方式を取っていて
そのおかげで
数字が好きだった
長男の算数の力を
存分に伸ばしてもらえた
経験があるので

学年の枠に捕らわれない指導を
やってみたいと思ったからでした。

このようにして
わたしは教室を構え
自分の生徒を持つようになりました。

と、同時に

息子たちも
思春期真っ只中にいました。

子離れのタイミングとしては
ちょうど良かったのかもしれません。

自分の子どもの手が離れたと同時に
教室の子たちと向き合うことになり

そこから
たくさんのことを
学ばせてもらいました。

仕事も順調に進んでいて
息子たちも成長して
もう心配することはない
そんなふうに思っていたのですが
新たな心配は
すぐにまた現れました。

それについては
次回にお話ししますね。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

**********
ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)

*********
LINE公式アカウントをはじめました。
わたしとお友達になってくださる方は
https://lin.ee/AaZEHsM
または
LINE@ID検索
@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いしま~す^^)

**********
Facebookの投稿記事を読むなら
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011531760258
覗いてみてくださいね。

**********
Gメールアドレス
brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です