[記事133] 悪循環に入る

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

今日からゴールデンウイークに入りましたね。

といっても、
それまでから続いている
自粛要請やテレワークで

さあっ! これから大型連休だ♪
という実感はまるでありませんよね。

それどころか
自宅に引きこもったまま
どうやって時間を潰そうか

そこに
頭を悩ませている人も多いと聞きます。

あとどのくらいかはわからないけど、
終息の日まで
みんなで協力して
Stay homeしよう!

そんな気持ちの表れでしょうね。

道路も
スーパーマーケットも
ガラガラで
見通しがよかったです。

「自粛」を自発的に行動できる国民性って
日本人のいいところだと思います。

わたしの知り合いに
とっても真面目な人がいて

その人は
コロナの最新情報を
ネットやテレビで
いつもチェックしています。

わたしは
ニュースは見ても
あまり暗くなるような情報は
記憶からこぼれ落ちるような
見方をしているので

大まかなところは
知っているけれども

細かい数字までは
把握していない
そんな感じです。

彼女の場合は

どこで、どんなことが起きているのか
把握していないと
気が済まないタイプなので
チェックを怠りません。

ときどき
わたしの無頓着さにあきれて
注意してくれたり
情報を教えてくれたりして
とても助かっているのですが、

その彼女の気持ちの落ち込みが
激しいのです。

暗くなる情報を見ては不安になる
不安になるから
また最新の情報を集めたがる
それを繰り返して
気分が沈む

そんな状態です。

わたしは
個人的には

視聴率あってのテレビ番組なので

不安を煽ったら
次にまた観てもらえることを計算して
番組制作している

と思っているので
あまり追いかけることをしません。

彼女は言います。
「テレビやネット以外でも
コロナで亡くなった人の話を聞いた」と。

それは心から残念なことだと思います。

でも、
ちょっと不思議じゃありませんか?

なぜ
彼女のところにばかり
不幸なニュースが飛び込んでくるのか

ちょっと見方を変えれば

彼女が自分から
コロナ関連の暗いニュースばかりに
フォーカスしているから

そんな情報ばかりが
集まってくるんじゃないかと。

こういう現象を
カラーバス効果といいます。

意識している情報ほど
自然と目に入るようになる現象のことです。

よくありますよね。

今日のラッキーカラーは「黄色」です
と言われたら

その日は黄色ばかりが目につく
といった経験。

つまり

彼女の無意識の選択が
カラーバス効果を呼んで

気持ちを落ち込ませる悪循環に
はまっていくわけです。

では
これを断ち切るにはどうすればいいか。

それは

自分から
明るい情報に
意識的に目を向けることです。

そうすることで
カラーバス効果を呼んで

明るい情報が
集まるようになり

だんだん
暗い情報が
目に入らなくなってきます。

選ぶんだったら
悪循環より
好循環を

ぜひ試してみてくださいね^^

 *********
「わたしを見つける相談室」の
ホームページの内容を変更しています。
どんなセラピー?…と思った方は
下記のURLから覗いてみてくださいね。
http://www.ado-toyoda.work
(過去の投稿記事の一覧があります)

**********
LINE公式アカウントをはじめました。
わたしとお友達になってくださる方は
https://lin.ee/AaZEHsM
または
LINE@ID検索@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

   ********
わたしの感じたままを書いているブログも
読んでいただけると嬉しいです^^
https://ado-therapy.hatenablog.com/#edit

   ********
Gメールアドレス:brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です