[記事132] メンタルの健康

【メンタルの健康】

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

先日の友人の話ですが、
病床の彼氏と
なんとか連絡がついたそうです。

熱にうなされる状態が続いて
まともに会話もできなかったそうですが

とりあえず
今は
快方に向かっているそうです。

この時期だから
病気を理由に
駆けつけることもできず
どうすることもできず

いく晩も
不安な夜を過ごし

こんな時
願うのは

ただ無事に生きてさえ
いてくれたら…
だったそうです。

そして
その究極のお願いは
聞き入れられました。

勝手なもので

普段
健康が当たり前と思って
過ごしているときは

あれもこれもと望み
それが望み通りにならないと

ガッカリしたり
憂鬱になったりするものですが

一度
健康が失われてしまうと

健康のありがたみを
痛いほど感じるものです。

また、
自由に行きたい所に
行けなくなった今は

自由に移動できることが
いかに快適だったかを
身にしみて感じています。

家族がバラバラになったまま

あるいは

大切な人と
離れ離れになったまま

この連休を過ごさざるを得なくなった人がいます。

感染防止のために
不用意な移動は避ける

それは
もちろん大切なことですが

会いたい人に
会えなくて

メンタルを患う人が出るのではないかと
心配にもなります。

なぜなら

体力的にも
メンタル的にも
ギリギリで頑張っている人にとっては

家族や大切な人との時間が

その人の
命綱となっている場合だって
あるからです。

なにをもって
不要不急とするのか
誰がそれを決めるのか

それを決めるのは
本人の意思に任せてもいいんじゃないか

わたしはそう思うのです。

長くこの閉塞感の中を
生き抜いていくためにも。

   ********
「わたしを見つける相談室」の
ホームページの内容を変更しています。
どんなセラピー?…と思った方は
下記のURLから覗いてみてくださいね。

http://www.ado-toyoda.work
(過去の投稿記事の一覧があります)

**********
LINE公式アカウントをはじめました。
わたしとお友達になってくださる方は
https://lin.ee/AaZEHsMまたはLINE@ID検索@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

   ********
わたしの感じたままを書いているブログも
読んでいただけると嬉しいです^^

https://ado-therapy.hatenablog.com/#edit

   ********
Gメールアドレス:brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です