[記事126] 植物みたいに

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

お昼までは
爽やかないいお天気だったのに、
もう下り坂に向かっています。

春は天気の移り変わりが早いので

お天気がいい間に
何かしておきたいと思ってしまいます。

この写真は
うちの小さな花壇で撮った一枚です。

秋にグランドカバーとして植えた時には

花もなく、
雑草のようだったのに

春になって
こんな可憐な花を咲かせてくれるなんて

植物の力ってスゴイですね。

人が見てるとか
見てないとか
そんなことには無関係で

季節が来れば
美しく咲く花のパワーに

ちょっと
励まされました。

今日は
美容室に行って
髪をキレイにしてきました。

どこも自粛ムードの中で

ちょっと出かけていくのも
ためらわれてしまいます。

美容室に行くことさえ

悪いことのように思えてきて

不要不急じゃないから
とか

でも
美容室で働く人たちの
生活もあるわけだから

なんでも
止めてしまって
本当にいいのか
とか

いろいろ
迷いながらも
予約を入れて
お店に行ってみると

思っていたよりも
お客さんがいて

お店側も
過密にならないように

スペースを空けて座らせる配慮を
見せてくれていました。

シャンプーをしてもらいながら
女の子が言うには

「お店が休みの日には
 どこにも出かけず、
 ず~っと家にこもっていました。
 
 だって、自分が感染源になるのが
 嫌だから」

若いのに
いい心がけですよね。

でも、
職場と家の往復だけで
息が詰まらない?

そう思ってしまうのは
わたしだけでしょうか?

実際には

そんなことを
たずねるのも
不謹慎に思えて

飲み込んでしまいましたが。

全国に緊急事態宣言が出されました。

これまでも
不要不急の外出は控えめに
と、やってきましたが

「緊急事態宣言」
という言葉の重みは

これまでより
ずっと拘束力を感じます。

大型連休中も

できるだけ出歩かないように
人とも会わないように

みんなが
同じ気持ちで過ごしたら
終息の日も近づくんじゃないか

今は
それを
期待するしかありません。

最近になって

小中学生の子たちが

自転車で走り回っていたり
公園でたむろしている姿を
よく見かけるようになりました。

コロナが流行る前は

公園で遊ぶ子どもの姿を
めったに見かけることも
なかったのに

まるで
次代が
昭和に逆戻りしたみたいです。

これだけ自宅待機が長引くと

だんだん
家の中にこもっていることにも
限界を感じますからね。

特に
元気な子どもたちなら

外に飛び出したくなるのも
無理はありません。

もちろん
感染を食い止める努力を

今ここで
やめてはいけませんが

長期戦に勝つには

適度に外に出て
新鮮な空気を吸ったり
体を動かしたりすることも

感染予防と同じぐらい
大切なことなんじゃないかな
と、思うのです。

気分転換なくして
メンタルの安定は図れないし

メンタルが落ちれば
免疫力も下がってしまうので。

わたしたちも

植物みたいに

太陽の光と外の風に当たって
リフレッシュすることを
忘れなければ

今より
もう少し

大らかな気持ちで

この窮状を
乗り超えていけるのかもしれません。

********

今なら
4月28日まで
先着10名様に
無料で
オンライン・セッションを実施します!

子育てに関するお悩みや
夫婦間・家族間のお悩み
その他にも気になることあれば…

お気軽にご相談ください。

お申し込みは
下記の公式LINEアカウントか
ホームページかGメール
のいずれかで
お願いいたします^^

**********

LINE公式アカウントをはじめました。
わたしとお友達になってくださる方は

https://lin.ee/AaZEHsMまたはLINE@ID検索@373pwwnu(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

   ********

「わたしを見つける相談室」の
ホームページの内容を変更しています。
どんなセラピー?…と思った方は
下記のURLから覗いてみてくださいね。

http://www.ado-toyoda.work(過去の投稿記事の一覧があります)

   ********

わたしの感じたままを書いているブログも
読んでいただけると嬉しいです^^

https://ado-therapy.hatenablog.com/#edit

   ********

Gメールアドレス:brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です