[記事121] 今の私になるまで ~アメリカ滞在編 Part4~

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

今日は長男の学校の様子について
お話したいと思います。

プリスクールが終わると
キンダーガーテン(幼稚園の年長に当たります)に
進みます。

プリスクールとは保育所に当たるところで
働くお母さんの多いアメリカでは
生後2か月からキンダーに上がるまで
ずっと預かってもらえます。

キンダーは日本の幼稚園とは異なり
かなり学習の要素を取り入れています。

小学校に上がるまでに
読み・書き・算数もある程度はできるように
教育するための場所なのです。

いよいよ
長男が
そのキンダーへ行くことになりました。

幼いころは発語が遅くて
幼稚園にちゃんと行けるのか
心配された子だったので

当然
アメリカの学校へ行っても
どうなるのか
心配は尽きませんでした。

でも
どんなに心配しても
必ずその日はやってきます。

その記念すべき
第一回目の担任の先生が
ミセス・ドウという
女性でベテランの「名物先生」と言われる人でした。

どう名物かというと
教科書を一切使わず
独自に用意したブロックやパズルなどの小道具や
たくさんの絵本を使いながら
その子の学力に合わせた小グループの中で
力がつくまでじっくり学習させる
やり方を取っていたことです。

出来る子には
どんどん先のことを学習させるので
得意な分野は
思う存分伸ばしてあげることができます。

長男の場合は
特に数字が好きな子だったので、
どんどん算数が出来るようになっていき

たとえ英語が苦手でも
自分には勉強が出来る、と
自信を持ってくれたようでした。

その経験があったからこそ
今のあの子がいると思うので
ミセス・ドウには
心から感謝しています。

人との出会いって
本当に大切ですよね。

「あの時、あの人に出会っていたから
 今のわたしがある」

または、それとは逆に
「あの時、あの人に出会っていなければ
 今頃こんなはずじゃなかったのに」
のような、有り難くない出会いがあったり。

出来ることなら
いい出会いを引き寄せたい、とは
誰もが思うことです。

でも、

それには
それ相当の準備が必要なのかもしれませんね。

ただ、ぼんやり待っていても
いい出会いは
近づいて来てくれない気がするのです。

「日々、成長しようと努力すること」

これがないと。

まだ幼い長男でしたが
彼なりに頑張った
幼稚園での1年間があったから
ミセス・ドウとの出会いを引き寄せられた
わたしは
そんな風に考えています。

**********
LINE公式アカウントをはじめました。
わたしとお友達になってくださる方は
https://lin.ee/AaZEHsM
または
LINE@ID検索
@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いしま~す^^)

**********
ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)

**********
Facebookの投稿記事を読むなら
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011531760258
覗いてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です