[記事07] オレンジの効果

オレンジ色と聞くと、
どんなイメージが湧きますか?

オレンジジュースだから
ビタミンカラーとか、

太陽の色だから
元気の象徴とか、

そんな感じだと思います。

さらに、
そこから派生して

創造性、芸術性、発明や
インスピレーション、
自発性を表す色ともされています。

オレンジにふれると
自分が何かあたたかいものに
包まれている状態、

自分の子ども時代に
引き込まれるような
イメージを抱くことがあります。

ですから、
何か心配事があって
気分が重苦しいときに

オレンジをまわりに置くことで、
気持ちが癒される効果があるのです。

心配や気苦労が重なって

思考がグルグル回っているとき、
大人としての対応をせまられて
心の自由がしばられているとき、

いろいろな場所にオレンジを
とり入れると心があたたまり、
しだいに気持ちが解放されていきます。

これをオレンジヒーリングといいます。

そして、
もう一つオレンジの意外な事実として、
セクシャリティの力も
あわせ持っているのです。

オレンジを目にしているうちに
自然とその周波数に
チューニングされ、
ムードが高まっていくといいます。

赤ちゃんがほしいときに
この方法をとり入れるのもおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です