[記事108] 今の私になるまで ~社会人編 Part3~

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

前回は、愛知県に単身引っ越す決心をした
ところまでをお話しました。

自分の意志というよりは
会社の方針に逆らえず、
仕方なく始めた一人暮らしでしたが、

やってみると
想像していたよりはるかに快適で
楽しいものでした。

それは
これまでになく
自由だったからです。

両親と一緒に暮らしていたときは

知らず知らずのうちに
親の —— 特に母親の影響下にあったようで

自由にしているつもりでも

実はどこかで
母親の目を意識している
自分がいて

無意識のうちに
「いい子」を演じていたというか

自分の言動に対しても
母親の目から見て
どう映っているのか
気にいる自分がいたようです。

その時は
はっきりと意識していたわけでは
なかったのですが、

離れてみて初めて

そこから解放された
気楽さに
気づいてしまったわけです。

あ~~、、なんだかわからないけど
気分が楽だ!!
そんなふうに感じていました。

もちろん
離れて暮らしてみると
親のありがたみも同時にわかるので

たまに帰省した時には
前より関係がよくなるという
いい側面もありました。

そういう意味でも
結婚しようがしまいが

大人になったら
一度は親元を離れ

一人で暮らす経験を
絶対にするべきだと思います。

以降
バブル期の好景気も手伝って

本社の営業社員たちに
夜の街に連れ出してもらったり
ご馳走してもらったり

帰りが遅くなれば
タクシーで家まで送ってもらったり
というような厚遇を受け

まさに
地に足がついていない生活を
続けていました。

あまり
刺激の少なかった学生時代から一変

これはこれで
自分を解放する
機会に恵まれたので

いい経験だった^^
と、思うことにしています。

そんなことも手伝って
わたしの婚期は
予定より早まりました。

それまでは
結婚なんて
考えている様子も

口にすることもなかった彼からの
プロポーズがあったからです。

おそらく
糸が切れた凧のように
手を離すと
どこかに飛んでいってしまいそうなわたしに

ちょっと不安感を覚えたのが
大きく原因したのだと思います(笑)

こうして
めでたく(?)寿退社して
奈良県に移り住み
新しい人生がスタートします。

わたしの場合
独身時代より
遥かに長い結婚生活の幕開けです。

つまり
ここからが人生の本番。

このお話の続きは次回にしますね。
またのご訪問をお待ちしています^_–☆

f:id:ado-therapy:20200309124844j:plain


**********
LINE公式アカウントをはじめました。
わたしとお友達になってくださる方は
https://lin.ee/AaZEHsM
または
LINE@ID検索
@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いしま~す^^)
**********

ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)
**********

Facebookの投稿記事を読むなら
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011531760258
覗いてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です