[記事99] Kくんとの時間

わたしを見つける相談室 奈良県天理市から発信しています。 

深呼吸できる私になる
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。 

Kくんは10歳の小学4年生。 

いつもは
教室で他の生徒たちと一緒に
机を並べて勉強しています。 

昨日は
はじめて
Kくんと二人っきり

向かい合わせにすわって
じっくり
お話を聞きました。

そうなった経緯は 

Kくんのお母さんが 

最近
反抗的で
兄弟げんかも
友だちとのけんかも多く

一体
どういう心理状態なのか 

先生、
一度じっくり
話を聞いてやってください 

と、
お願いされたからでした。  

Kくんはお母さんに
促されるまま
やってきたようで 

でも自分は
心配されてる

という意識を持って

わたしの前に座りました。

先生ね
今日は
Kくんの話したい事
聞きたいだけで 

べつに
注意しようとか 

そういうの
ないからね。 

好きなこと
いっぱい
しゃべっていいよ。

そう言ってから
話しはじめてもらいました。  

そこから 

Kくんは
どんどん
語りはじめました。

将来の夢は
宇宙生物の探索に出ること 

数学がとっても好きで
高校数学に興味があること 

けんかはするけど、
すぐに仲直りができて 

あとは
ケロッと
忘れてしまうこと 

将来の夢の実現には
英語の勉強も
必要だと
感じていること

お母さんは 

あまり
自分の好きなことを
理解しようと
してくれないけど 

自分を
心配してくれていることは
よーく
わかっていること… 
などなど。  

わたしは 

小4の男の子が
語る言葉にどんどん
引き寄せられて 

いつしか
夢中になって
聞いてしまっていました。  

太陽系外宇宙の話は
わたしの
全く知らない世界  

Kくんは
ぼそっと 

そこまで
行けたとして 

生きて帰れる保証は
無いかもしれないけど 

それでも
行ってみたいな… 

そう言ったのです。

わたしは
その言葉に
心底
しびれて
しまいました。 

こんな
大きな夢を持ってる子に 

応援する以外
他に言うことは
何もない 

そう思いました。 

それでも
お母さんは
心配するものなんですね。。 

周りの子と
同じでないと
気になり 

周りに埋もれてしまっても
ヤキモキする。 

そうやって
ないものねだり
ばかりしているうちは 

決して

誰も幸せには
なれないのにね。 

ねえ、
Kくんのお母さんってさ
心配しすぎだよね


わたしが言うと  

いや、
俺のことが
気になるから 

言ってくれてる
だけやから 


実に
大人っぽく 

胸キュンするようなことを 

言い切って
くれたのでした。

**********  

ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは

http://www.ado-toyoda.work

Facebookの投稿記事を読むならhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100011531760258

覗いてみてくださいね。 

f:id:ado-therapy:20200220225257j:plain

あど@心理セラピスト (id:ado-therapy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

[記事100] 私のこと